塗装・防水・総合リフォーム

logo株式会社(株)リモテック

054-631-6808

お気軽にお問い合わせ下さい

微妙な音を聴き分けます
チームワークでキッチン取付
細部までキッチリやります

アンカーピン工法について

注入口付開脚式アンカーピンを使用し、コンクリート躯体と浮いたモルタルやタイルを機械的に固定し、エポキシ樹脂を注入して剥落を防止する安全性に優れた工法です。

【特徴】

  • 浮き部をエポキシ樹脂で固定
    ステンレス製の「注入口付拡張子打込み型アンカー」を使用し、コンクリート躯体と仕上げ層を拡張子とエポキシ樹脂で固定します。
  • 注入圧で浮上り・剥落を防止
    注入施工に先立ち、CPアンカーピンで浮き部を固定するため、注入圧による仕上材の浮上りや剥落を防止します。
  • 作業の短縮
    浮き部を機械的に固定するため、全ネジピンを使用することでアンカーピンの本数を少なくすることができます。
穴あけ
アンカーピンの打込み
エポキシ樹脂を注入

無足場工法(ロープアクセス)について

無足場工法とは、仮設足場を設置せずにロープで固定された作業員が、吊り下がり行う工事のことです。日本ではこれまで安全性が疑問視されて使われてきませんでしたが、近年では専門工具の普及や、安全性に対する努力もあって無足場工法の安全性、信頼性が認められるようになってきました。

弊社でも、足場の組めない形状の建物や、狭い場所での施工・点検作業に活用しております。

新着情報

業務内容

facebook

株式会社 リモテックではfacebookでも投稿をしておりますので、そちらもご覧ください。